お客様各位

いつもAutoPilot-Japan(オートパイロットジャパン)をご利用いただき誠にありがとうございます。

DJI MAVIC2本体・アクセサリーの価格が9月18日に値上げとなりました。

販売価格:150,000円 (税込:162,000円)

スペック

Mavic 2 Pro&Mavic 2 Zoom

Mavic 2 Pro カメラ

センサー 1インチCMOS
有効画素数:20MP
レンズ FOV:約77°
35 mm判換算:28 mm
絞り:F2.8 ? F11
撮影範囲:1 m~ ∞
ISO感度 動画:
100~6400
写真:
100~3200 (オート)
100~12800 (マニュアル)
シャッター速度 電子シャッター:8~1/8000秒
静止画サイズ 5472×3648
静止画モード シングルショット
バーストショット:3/5枚
オート露出ブラケット (AEB):3/5枚 (0.7EVステップ)
インターバル:(JPEG : 2/3/5/7/10/15/20/30/60秒 RAW : 5/7/10/15/20/30/60秒)
動画解像度 4K: 3840×2160 24/25/30p
2.7K: 2688×1512 24/25/30/48/50/60p
FHD: 1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p
最大ビデオビットレート 100 Mbps
カラーモード Dlog-M (10bit)、HDR動画対応 (HLG 10bit)
対応ファイルシステム FAT 32(32 GB以下)
exFAT(32 GB超)
写真フォーマット JPEG / DNG (RAW)
動画フォーマット MP4 / MOV (MPEG-4 AVC/H.264、HEVC/H.265)

Mavic 2 Zoom カメラ

センサー 1/2.3インチCMOS
有効画素数:12MP
レンズ FOV:約83° (24 mm)、約48° (48 mm)
35mm判換算:24-48 mm
絞り:F2.8 (24 mm) ? F3.8(48 mm)
撮影範囲:0.5 m~∞
ISO感度 動画:
100~3200
写真:
100~1600 (オート)
100~3200 (マニュアル)
シャッター速度 電子シャッター:8~1/8000秒
静止画サイズ 4000 × 3000
静止画モード シングルショット
バーストショット:3/5/7枚
オート露出ブラケット (AEB): 3/5枚 (0.7EVステップ)
インターバル (JPEG : 2/3/5/7/10/15/20/30/60秒RAW : 5/7/10/15/20/30/60秒)
動画解像度 4K: 3840×2160 24/25/30p
2.7K: 2688×1512 24/25/30/48/50/60p
FHD: 1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p
最大ビデオビットレート 100 Mbps
カラーモード D-Cinelike
対応ファイルシステム FAT 32(32 GB以下)
exFAT(32 GB超)
写真フォーマット JPEG / DNG (RAW)
動画フォーマット MP4 / MOV (MPEG-4 AVC/H.264、HEVC/H.265)

機体

離陸重量 Mavic 2 Pro:907 g
Mavic 2 Zoom:905 g
サイズ たたんだ状態:
214×91×84 mm (L×W×H)
たたんでいない状態:
322×242×84 mm (L×W×H)
対角寸法 354 mm
最大上昇速度 5 m/s (Sモード)
4 m/s (Pモード)
最大下降速度 3 m/s (Sモード)
3 m/s (Pモード)
最大飛行速度(海抜に近接、無風) 72 km/h (Sモード)
運用限界高度 (海抜) 6000 m
最大飛行時間(無風) 31分 (25 km/hの一定速度で飛行時)
最大ホバリング時間(無風) 29分
最大飛行距離 (無風) 18 km (50 km/hの一定速度で飛行時)
最大風圧抵抗 29~38 km/h
最大傾斜角 35°(Sモード、送信機あり)25°(Pモード)
最大角速度 200°/s
動作環境温度 -10℃~40℃
動作周波数 2.400~2.483 GHz
5.725~5.850 GHz(日本国内は2.400~2.483GHzのみ利用可)
伝送電力(EIRP) 2.400~2.483 GHz
FCC:?26 dBm
CE:?20 dBm
SRRC:?20 dBm
MIC(日本):?20 dBm
5.725~5.850 GHz
FCC:?26 dBm
CE:?14 dBm
SRRC:?26 dBm
GNSS GPS+GLONASS
ホバリング精度範囲 垂直:
±0.1 m (ビジョンポジショニング有効時)
±0.5 m (GPSポジショニングあり)
水平:
±0.3 m (ビジョンポジショニング有効時)
±1.5 m (GPSポジショニングあり)
内部ストレージ 8 GB

ジンバル

機械的な可動範囲 チルト:-135~45°パン:-100~100°
操作可能範囲 チルト:-90~30°パン:-75~75°
スタビライズ機構 3軸(チルト、ロール、パン)
最大制御速度 (チルト) 120°/s
角度ぶれ範囲 ±0.01° (Mavic 2 Pro)
±0.005° (Mavic 2 Zoom)

送信機

動作周波数 2.400~2.483GHz、5.725~5.850GHz(日本国内は2.400~2.483GHzのみ利用可)
最大伝送距離(障害物や電波干渉がない場合) 2.400~2.483 GHz、5.725~5.850 GHz
FCC: 8000 m
CE: 5000 m
SRRC: 5000 m
MIC(日本): 5000 m
動作環境温度 0℃~40℃
伝送電力(EIRP) 2.400~2.483 GHz
FCC:?26 dBm
CE:?20 dBm
SRRC:?20 dBm
MIC(日本):?20 dBm
5.725~5.850 GHz
FCC:?26 dBm
CE:?14 dBm
SRRC:?26 dBm
バッテリー 3950 mAh
動作電流/電圧 1800 mA ? 3.83 V
対応モバイル端末サイズ 最大長:160 mm、最大厚さ:6.5~8.5 mm
対応USBポートタイプ Lightning、Micro USB(Type-B)、USB-C

インテリジェント フライトバッテリー

容量 3850 mAh
電圧 15.4 V
最大充電電圧 17.6 V
バッテリータイプ LiPo 4S
電力量 59.29 Wh
正味重量 297 g
充電温度範囲 5℃~40℃
最大充電電力 80 W

対応SDカード

対応SDカード microSD?
最大容量128GBおよび最大UHS-Iスピードクラス3の読み書きスピードのmicroSDに対応

検知システム

検知システム 全方向障害物検知 1
前方 高精度測定範囲:0.5~20 m
検知可能範囲:20~40 m
有効検知速度:14 m/s以下
視野 (FOV):水平方向:40°、垂直:70°
後方 高精度測定範囲:0.5~16 m
検知可能範囲:16~32 m
有効検知速度:12 m/s以下
視野 (FOV):水平方向:60°、垂直:77°
上方 高精度測定範囲: 0.1~8 m
下方 高精度測定範囲:0.5~11 m
検知可能範囲:11~22 m
側面 高精度測定範囲:0.5~10 m
有効検知速度:8 m/s以下
視野 (FOV):水平方向:80°、垂直:65°
動作環境 前方、後方、側面:
地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態(15ルクス超)
上方:
拡散反射表面(20%超) (壁、樹木、人など)を検知
下方:
地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態(15ルクス超)
拡散反射表面(20%超) (壁、樹木、人など)を検知

充電器

インプット 100-240 V、50/60 Hz、1.8A
アウトプット メイン:17.6 V ? 3.41 A
または17.0 V ? 3.53 A USB:5 V?2 A
電圧 17.6 ± 0.1 V
定格出力 60 W

アプリ

映像伝送システム OcuSync 2.0
名称 DJI GO 4
ライブビュー品質 送信機:
720p@30fps / 1080p@30fps
DJI Goggles:
720p@30fps / 1080p@30fps DJI Goggles RE(日本未発売):
720p@30fps / 1080p@30fps
遅延(環境条件およびモバイル端末に依存) 120~130 ms
ライブビュー最大ビットレート 40Mbps
OS要件 iOS 9.0以降のバージョン、 Android 4.4.0以降のバージョン

脚注

脚注 [1] 全方向障害物検知は、左右/上下/前後の方向で検知します。左右方向の検知は、
アクティブトラックもしくはトライポッドモードでのみ利用可能です。全方向障害物検知は、
周囲360度すべてを完全にカバーするわけではありません。左右方向の障害物検知システムは、
特定のモードと特定の環境でのみ機能します。アクティブトラックもしくはトライポッドモードが
有効になっている場合でも、左右方向に飛んでいる場合の損傷による損失は、DJIの保証では
カバーされません。Mavic 2を操作するときは、周囲の状況とアプリの通知 に注意して安全性を確保してください。
仕様に記載されている値は、リリース時の最新版ファームウェアでの測定値です。
ファームウェア更新で性能が向上するため、ファームウェアを最新版に更新することを強くお勧めします。